のぼりの極意

 

のぼり制作時の注意点

小売店やサービス業をはじめとしたさまざまな店舗やイベント企画などの成功の鍵は、
どれだけ宣伝効果を果たせるかにも大きく左右されます。


宣伝を行う際の媒体はさまざまな方法がありますが、のぼり旗は
さまざまなメリットを持って広告宣伝効果を期待できます。

優秀なのぼり


オリジナルの旗を制作したとしても、看板に比べて価格を抑えて制作できます。
持ち運びも簡単で設置や移動も手軽で、収納に場所を取りません。


コスト面や取り付け、入れ替えの手軽さからもキャンペーンや季節の商品など
リアルタイムの宣伝効果を持った旗を制作して使用することで、新鮮な情報を提供出来るのです。


近年旗の制作を手がけている会社は数多くありますが、オリジナルのぼり旗を制作する際の
注意点としてはどのようなポイントがあるのでしょうか。

制作時の注意点


一番大切なことは、希望するオリジナルデザインのイメージ通りに
実際の旗を制作することが挙げられます。


のぼり旗はそのスペースに限りがある分伝えルために使用できる文言やイラスト、
写真などには限りがあります。


配色なども印象を大きく左右するため重要なポイントなのです。
字体や文字のアウトライン、写真の鮮度や配色、イラストや布地の色目、
さまざまな要素が希望にマッチしてこそクオリティの高い旗を制作することができるのです。


近年はデータでオリジナルデザインを制作業者と遣り取りする方法も増えています。
入稿するデータや方法に齟齬があれば、イメージした完成形とは違う形で
仕上がってしまう場合もあります。


データの遣り取りにせよ、その他の方法にせよ詳細をしっかりと確認して
イメージを固めていくことが大切です。


また、デザインを決定するときには何を伝えたいのか、そのコンセプトをしっかりと固めた上で
文言、イラストや写真などを決定する必要があります。


文字が多いと注目を集めにくくなり、イラストや写真を併用することで
イメージをより具体的に湧かせる効果も期待できるのです。