のぼりの極意

 

のぼり旗で真さば入荷をおしらせ

のぼり旗とは、その名の通り、縦長の布を棒に貼り付けることでのぼりとする旗のことを指します。
この、のぼり旗は利点としてアピールすることにとても秀でており、
売り出したい商品を記す旗を掲げることで目に付くという利点があります。


その為、真さばのような足が速く痛みやすい食材を売りに出す際、とても目立ちやすく目につくのです。


旬の魚をアピール


この目につくということが重要なポイントで、従来では商品を目に留まりやすいよう
商品を上部に上げる手法でお魚屋さんは真さばなどのその時期にしかない
旬の品物を売りに出していました。


この手法では利点としては、商品を持っているものが何であるかに注目が集まるのですが、
生魚などの商品である場合、常に手に持っていると商品は劣化していきますので
好ましい状態であると言えないのです。


しかし、のぼり旗を設置することで、商品を上に掲げる必要性も減少し
商品がその旗の下に行けば購入できるという風に分りやすくなっており
魚だけではなく多くの食材にも応用が期待できます。


今回のケースはさばになりますがその他の魚でも対応可能でのぼり旗に
それぞれの商品の名前を記すことで、目に留まるのがのぼり旗を使用する
最大の利点であると言えます。

 

鮮魚を売りに出す際の効果的な手法

のぼり旗による鮮魚の売り出し法ですが、これは最も効果的であると言えます。


その理由はまず、鮮魚を登りの下に集めることが可能となりそれと並行する形で
商品を管理することが出来るからです。これは、冷凍や冷蔵コンテナを用いて
魚類を管理することを意味します。


こののぼりがあることで何が売られているかを把握することが容易となり、
冷蔵されている商品の魚の名前を記すことで、購入者にいち早く
商品を購入してもらえる利点があるのです。


逆にのぼりが無い場合、売りに出す商品の場所を決めていても、購入に結びつくかどうかは
行列が出来る等運次第であるということです。


運以外の要素で商品である魚類を販売することを考えた場合、のぼり旗を使用して
商品を売りに出すという手法は効果的であると言えます。

存在感を出す


もちろんこれは買い手は、商品の場所がすぐにわかること、そして売り手側にも
恩恵があり、商品を補充するべき場所を把握することが容易であるなど
両者ともに恩恵を受けることが出来るのです。


のぼり旗は入荷した商品をアピールする際、とても目立つ外見をしていればしているほど
目に留まり、商品の購買力を上げてくれるため、お魚との相性が良い購買効果が
期待できるアイテムになります。